【サンプルあり】インターンシップ志望動機の書き方を例文つきでご紹介

2021年07月13日

インターンシップに応募する際には、書類の提出が求められる場合があります。書類には、志望動機を書く欄があるため、書く内容で迷ってしまうかもしれません。この記事では、インターンシップの志望動機の書き方を紹介します。書く内容のポイントと、2つの志望動機の例文を参考にしてみてください。

インターンシップの志望動機を書く前の準備

インターンシップの志望動機の書き方

インターンシップの志望動機は、いきなり書こうとしても上手くいきません。相手に伝わりやすい志望動機を書くため、下準備をしておきましょう。どのような点を掘り下げていけばいいのか、次の項目から詳しく解説していきます。

インターンシップの志望動機を書く前の準備①

まずは、自己分析をしてみましょう。自己分析をすることで、自分が仕事に何を求めているのかわかります。仕事選びや、自分のことを相手に伝えるため、自己分析が役立ちます。自己分析のやり方は多数あるので、自分に合った方法で実践してみてください。例えば、小学生から大学生までの出来事を書き出し、自分が感じたことや学んだことをまとめる自分史を使った方法があります。また、自分の好きなこと苦手なこと、やりたいことなどをマインドマップで書き出す方法もいいでしょう。

インターンシップの志望動機を書く前の準備②

次に準備したいのは、インターンシップを選んだ理由です。インターンシップを開催する企業は、なぜ選んだのかその理由を知りたがっています。選んだ理由は、企業そのものではなく、インターンシップについてです。例えば、インターンシップを通して特定の職業の雰囲気をつかみたい、セミナーの内容に興味をもったなどの理由があります。選んだ理由は、思ったことを素直に伝えましょう。

インターンシップの志望動機を書く前の準備③

最後に、インターンシップに参加する企業の事業内容を確認します。確認しておきたい企業の特徴は、企業理念や商品・サービス内容です。自社のWebサイトを立ち上げている会社なら、サイトにアクセスすれば確認できます。Webサイトがない、または情報が少ないときは、パンフレットがないか確認してみてください。

インターンシップの志望動機の書き方

インターンシップの志望動機の書き方

インターンシップの志望動機を学ぶ理由は、企業に自分を選んでもらうためです。とくに人数制限があるインターンシップでは、書類選考で参加者を決めています。企業から選ばれる人になるため、志望動機の書き方を覚えてみましょう。志望動機に書く内容のポイントは、「参加したい理由」と「インターンシップに期待すること」と「企業が求める人物像に合った内容」の3点です。

インターンシップの志望動機の書き方①

志望動機の最初に、インターンシップに参加したい理由を書きます。とくに学生がインターンシップに参加する理由で多いのは、職種理解を深めるためです。職場の雰囲気がわかれば、理想と現実のギャップを埋めることができます。この場合の参加理由は、その業種に興味があるという内容を記載してください。また、次に多い参加理由は、就職の予行演習です。社会人としての気持ちに切り替えたいのも、インターンシップに参加したい明確な理由だといえるでしょう。ほかにも、自己分析のため、コミュニケーションを学びたい、ビジネス知識を深めたい、人脈を深めたいなどの参加理由もおすすめです。参加理由は、なぜ参加するのか具体的な動機も書けるのがベストです。

インターンシップの志望動機の書き方②

次に、インターンシップに期待することを志望内容に記載します。期待することとは、インターンシップで学びたいことです。企業が内容を聞く理由は、学生に役立つプログラムを提供したいからです。多くの学生が満足するインターンシップを提供すれば、企業のイメージアップにつながるでしょう。インターンシップのプログラムは、職場体験型とコンテスト型があります。職場体験で学びたいことなら、社員のやりがいは何か?職場の雰囲気はどうか?福利厚生は充実しているか?仕事に面白みがあるか?などでしょう。一方で、コンテスト型の学びたい内容は、特定の業種に触れられる目的があります。インターンシップで学びたい内容は、それぞれの型に合わせたものにしましょう。

インターンシップの志望動機の書き方③

最後に、企業が求める人物像に合った内容を志望理由に書きます。企業が求める人物像の内容を入れる理由は、ピント外れを防ぐためです。例えば、主催者が「会社の雰囲気を知って欲しい」とプログラムを用意しているのに、学生が「業種の特徴を学びたい」と思っているとピントがずれてしまいます。ピントのずれを防ぐため、インターンシップのプログラム内容をよく読みましょう。

インターンシップの志望動機 例文

インターンシップの志望動機の例文

インターンシップの志望動機の具体例を、400文字と200文字の2パターン紹介します。志望動機の書き方のポイントは、参加する理由となぜそう思ったのか、自分が経験してきたこと、参加中に試してみたいことや自己PRなどです。

インターンシップの志望動機 例文400字パターン

貴社のインターンシップに応募した理由は、企画力を高めたいからです。企画力を高めたい理由は、大学生活のイベントを開催した際に、私の企画が惜しくも2位になってしまい、落選した経験があるためです。私自身、アイディアを活かし人に役立てることに喜びを感じています。貴社のインターンシップでは、企画のプログラムがあるため、学びを深められると思い応募しました。インターンシップで学びたいのは、企画のバリエーションを深めることです。企画を立てるのが好きでも、私には経験が不足しており、実務を通して柔軟な発想力を深めたいと考えています。また、プログラムでは、学生ならではの視点を活かしたい思いがあります。若者の感性を活かし、学ぶだけでなくお互いに価値を提供できる関係性を目指していきたいと考えています。

インターンシップの志望動機 例文200字パターン

私は、人々の生活に役立つIoT開発に興味をもっています。このプログラムを通して、どのようにIoTが完成していくのか体験し、生活に活用できるのか学びたいと考え応募しました。大学生活では、数か国の海外留学を通し、IoT技術について知る機会がありました。私の強みは、国際的な視野があることです。IoT開発では、日本の技術を国際社会でも通用する技術開発にできるか興味があります。実務を学べる貴社のインターンシップでは、IoTの基礎を学びたい思いや、自分のビジョンが実現可能なのか判断する場にしたいと考えています。

アクタガワのインターンシップについて

インターンシップ

アクタガワは、静岡で複数の介護施設を運営する企業です。インターンシップでは、20年以上の介護業界を支えてきた企業から、業界の情報を得ることができます。プログラムは、業界動向や自社紹介、オンライン施設見学、社員との交流です。どのプログラムも少人数制で人気のため、興味のある人は早めに参加をご検討ください。

アクタガワのインターンシップ(静岡開催)のお申込みはこちら

アクタガワの説明会(静岡開催)のお申込みはこちら

関連記事

インターンシップ
2021.06.28
【2023採用対応・最新版】インターンシップ参加時に適した服装・髪型とは

初めてのインターンシップの参加は、誰でも不安があるものです。… もっと読む »

就活スケジュール
2021.01.21
就活はいつから始めるべきか?2022年卒就活スケジュールをご紹介

目次1 2022年卒の就活スケジュール1.1 2020年大学… もっと読む »

エントリーシート
2021.01.21
エントリーシートの重要性|就職活動の9割はエントリーシートで勝負が決まる

目次1 エントリーシートとは1.1 エントリーシートを徹底的… もっと読む »

OB・OG訪問
2021.06.18
【アクタガワ】OB・OG訪問について

目次1 OB・OG訪問とは?1.1 OB・OG訪問で質問でき… もっと読む »

« 戻る