面接でのよくある質問「過去の自分について」

2021年03月25日

過去の自分に関する質問とは

就活の面接は、就活生がこれまでどのようなことに力を入れてきたかを質問される場です。ここでは、面接官から質問される代表的な項目を挙げ、それぞれがどのような狙いで尋ねられているかを詳しく解説していきます。

今までで一番嬉しかったこと

この質問の意図は、就活生の感性や価値観を知り理解するためのものです。答えるべき内容は、自身がどんなことに能動的に関わり、それに基づいてどのような成功体験をし、成長をしたかが中心となります。単純に「嬉しかった経験」を知るための質問ではないので、勘違いした回答をしないようにしましょう。例えば、人間関係の中での成功や成長につながった経験、チームとして取り組んで達成したこと、長期にわたった取り組みを成功させたなどが内容としてふさわしいでしょう。結果だけではなく、成功につながったプロセスも重要ですので、話せるようにしておくことも大切です。また、その体験を入社後に生かしていきたい意気込みも簡潔に話せるよう、盛り込んでおきましょう。

今までで一番辛かったこと

この質問から面接官は、就活生がどのようなことに対して辛いと感じるか、また精神力や忍耐力を知ろうとしています。併せて、入社後の仕事への適性を図る意図も含まれている質問です。辛いと感じた原因を分析し、その気持ちをどのようにカバーしながら対処をしたのか、その体験から得たことは何かを簡潔に答えられるようにしておきましょう。しかし何より面接官が確かめたいのは、就活生がその辛い局面をどのように乗り越えたのかという点です。その場しのぎの体験では、今後の社会生活で生かすことはできません。困難に立ち向かう力を表現できる経験を掘り下げて構成しましょう。ただし、単なる失敗談の披露や、困難に陥った原因の言い訳、体験から学びを得ていないと感じられる回答をしない注意が必要です。

今までで一番一生懸命取り組んだこと

この質問では、就活生がどんなことに対して一生懸命取り組んできたかということを通じて、その方の人柄や性格、長所、また自社の中にそれを生かせる部門があるかなどを見ています。就活生にとっては、経験を通し一番自己アピールできる質問とも言えるでしょう。まずは自分らしさが表現できるエピソードを探し、具体的にそれに取り組んだ動機や取り組んでみての困難、解決方法やそのためのプロセスを話せるように用意しておきます。そのプロセスや気持ちを、仕事に直結するような形に構成しておくのが効果的です。一生懸命取り組んだことがすぐに思いつかない人もいるかもしれませんが、大学入学、そして卒業の際も、必ず一生懸命取り組んだ瞬間はあるものです。自分の大学生活を丁寧に振り返ってみましょう。

挫折経験

掲げた目標に対し、必死で努力した経験の有無、また挫折からの立ち直りのプロセスや、それを次へとつなげられる人間かを見ている質問です。挫折とは目標を高く設定するからこそ起きるものと言えます。しかし努力したからと言って報われることばかりではなく、そこから立ち直るためには困難をひたむきに克服しなければなりません。挫折を経験し立ち直った人材は企業でも活躍が見込まれると考えられているため、この質問はそうした人材を探し出すために用意されています。面接では、具体的な挫折の説明やその理由と反省、挫折を克服するための取り組みやそこから得た学びを説明できるようにしておきましょう。また、挫折の理由にも、自分の力ではどうにもならないこと、人間関係によるものなど種類があります。そうした場合は、何を企業アピールしたいかを意識し、自分の持つメンタルの強さや対応力、リーダーシップなどにつなげるようエピソードを考えましょう。

最も影響を受けた人

これは自分の考え方や生き方に影響を与えた人は誰であるかの質問です。その人のどんなところに影響を受け、そのことによって人生がどのように変化したのかを知るために投げかけられていると考えましょう。「尊敬している人は誰か」という質問にも似ていますが、「影響を受けた人」とは異なります。実際に誰の影響を受けたかは重要ではないため、あえて誰もが知る有名人を挙げる必要はなく、例えば学校の先生や部活の指導者でもよいのです。誰もが知っている歴史上の偉人でもいいのですが、一般論になってしまうと評価につながらない場合があります。自分の価値観をアピールできる質問ですので、就職後の仕事につながるような印象の良いエピソードを構成しましょう。

学生時代に最も力を入れたこと・努力したこと

「ガクチカ」と呼ばれるこのエピソードは、面接で必ずと言っていいほど質問されます。1分程度で説明してください、というような出題の仕方をされることも多く、短い時間で分かりやすく、端的に伝える能力を試されている項目でもあります。「ガクチカ」では、頑張った動機、困難な場面と直面した時どのように乗り越えたかや、その際に自分の強みをどのように発揮したかを盛り込みましょう。その強みを、企業でどう生かすかという部分まで十分に落とし込み、アピールにつなげることが重要です。また、誰もが万端に整えて臨む「ガクチカ」では、嘘のエピソードを盛り込まないようにしましょう。面接官に深堀りされたときに、しどろもどろになってしまうからです。

学生時代に最も思い出に残ること

就活生が学生時代にどんなことに興味を持って、どんな姿勢で取り組んできたのかというエピソードから、その人の人柄を知ろうとする質問です。また、入社後にどのような場面で力を発揮すると期待できるか、それが自社に合うかどうかを見ています。単純に思い出話を尋ねている質問ではありません。ここでは自発的に取り組み、どのようなことを学びそれをどのように生かしていくかを答えられるのが良いでしょう。エピソードは、身に着けた知識・経験をもとに成果を出せたことや、向上心をもっていること、チームを率いるリーダーシップがあることなどがアピールできる内容が評価されやすく効果的と考えられます。いろいろな思い出を話すのではなく、一つに絞って話しましょう。

なぜ今の学部を選んだのか

学部を目指した理由がはっきりしている場合は悩まずに済みますが、そうではない場合は回答に迷うこともあります。しかし、だからこそアピールで差をつけられる項目とも言える質問です。ここでは、面接官は学生の興味関心はもちろんのこと、目標に向かって計画的に努力する能力や取り組み方を見ています。大切なのは、それを勉強したことで何を学び、仕事にどう生かせるかを伝えることです。選んだ学部で学んだ内容に直結している場合は、それをアピールすればよいのですが、そうではない場合は「好き」であることを自信をもって話します。また、入学後に学んだことをしっかりと伝えることも大切です。それをどう仕事に生かすか、具体的に学んでいることからしっかりとアピールしましょう。

どんな勉強をしてきたか

この質問では、就活生が勉強をまじめに頑張ってきたかを見ています。大学で具体的にどのような勉強や経験をし、それが業務にどのように生かせるかを考えて伝えましょう。大学で勉強してきたことがそれほど立派なことではなく、話すほどのネタがないと思う人もいるかもしれません。ですが、結局のところ面接官が知りたいのは、就活生が就職してからどのように活躍してくれるかです。そんな場合は視点を変えて、大学での生活を通して学んだこと、成長したことをアピールするのも一つの手段です。例えば、留学生の多い学部に所属していたため、日常的に外国語の習得に力を入れ、アルバイトでも多言語対応できる部署で活躍できた、なども結果を出した勉強と言えます。

過去の自分を分析しよう

過去の自分に対しての質問に答えるためには、自分がこれまでどのような道を歩んできたか、あらかじめ十分な自己分析をしておく必要があります。行動原理とそれによる行動を、今後企業でどのように役立てられるかをエピソードに盛り込み、自己PRができるようにしておくことが大切です。受け答えが曖昧で一貫性のない回答は、面接官の心証を悪くします。しかし、過去の経験から自分が大切にしている価値観である「軸」を見つけておくことで、ブレのない受け答えができるようになるでしょう。

関連記事

面接対策
2021.02.24
就活生に向けて、内定までの面接の流れを解説

目次1 非公式な選考の場1.1 OBOG訪問1.2 リクルー… もっと読む »

面接対策
2021.03.15
就活生に向けて、絶対に内定するための面接での戦略

目次1 面接で評価されるポイント1.1 見た目とは1.1.1… もっと読む »

面接対策
2021.03.15
就活生に向けて、面接でアピール度の高い話をするためには

目次1 面接で成功するためには、アピール度の高い話が必要1…. もっと読む »

面接対策
2021.03.25
就活生の方へ、面接で自分の意見を堂々と語るためには

目次1 面接官の質問する意図について2 面接で聞かれやすい5… もっと読む »

« 戻る